ゲーミングモニターおすすめ144Hz・240Hzで安い24インチ以上のSwitch・PS5・PS4接続可能モニターまとめ

おすすめゲーミングモニター

ゲーミングモニターおすすめ

ASUSゲーミングモニターVG279QM144Hzのゲーミングモニターをアマゾンプライムセールで買ったらびっくりするぐらいゲームが快適にプレイできるようになったので、購入検討している方には本気でゲーミングモニターをおすすめします。もし私が今買い直すとしたら27インチで最高280Hz・IPS方式・HDR対応・輝度400cd/m2・スピーカー搭載のスペックで4万円とコスパ最強のASUSのゲーミングモニターTUF Gaming VG279QM」を購入します。

ゲーミングモニター選び方

ゲーミングモニターの選び方のおすすめは、まず最初に144Hzや240Hzと表記されるリフレッシュレートとモニターサイズを決めることで、一般的な部屋で使用する場合は概ね以下の4択になります。

リフレッシュレートサイズ参考価格(最安値)
240Hz27インチ40,689円
240Hz24インチ37,933円
144Hz27インチ34,720円
144Hz24インチ32,800円

リフレッシュレートは144Hzより240Hzの方が性能が優れていて価格が高くなり、モニターサイズも大きい方が値段が高いです。

おすすめの条件

モニターアームおすすめするゲーミングモニターの条件として、リフレッシュレートとモニターサイズに加え、値段が安いこと、モニターの高さ調整ができることを条件にしています。環境が違う100人が使用して100人とも高さが丁度いいなんてことはありえないので、モニター選びの条件として高さ調節機能が搭載されていることは必須だと思います。今回おすすめするゲーミングモニターは全てVESAマウントなのでディスプレイアームでの使用も可能です。

240Hz 27インチ

240Hzのゲーミングモニターは144Hzより値段が高くなりますが、最安値比較で7,000円程度の差なので、予算に余裕がある方は240Hzを購入することをおすすめします。YouTubeのゲーム実況者などはまず間違いなく240Hzのモニターを使用しており、動画を見てマネしようとしてもモニタースペックの差で同じ操作ができないこともあるので、OBSを使ってSTEAMなどのPCゲーム配信での利用を想定している方には特に240Hzのモニターをおすすめします。

ASUS TUF Gaming VG279QM

ASUSゲーミングモニターVG279QMASUSのゲーミングモニター「TUF Gaming VG279QM」のメリットは、DisplayPort接続で最大280Hzのリフレッシュレートを実現、液晶パネルが色ずれが少なく発色の良いIPS方式、広い明るさの幅を表現可能なHDR対応、画面が明るい輝度が400cd/m2スピーカー搭載なのに最大消費電力が26Wと低く電気代にも優しい点で、デメリットは値段が最安値でも4万円を超えるところですが、280Hzの27インチでスペックを考えれば十分安いと思います。

メーカーASUS
モデルTUF Gaming VG279QM
サイズ27インチ
解像度1920×1080
パネル種類IPS
リフレッシュレートDisplayPort:48~280Hz
HDMI:48~240Hz
応答速度1ms(GtoG)
輝度400cd/m2
HDR方式HDR10
スピーカー搭載
入力端子HDMI2.0x2
DisplayPortx1
価格(最安値)40,689円

240Hz 24インチ

ALIENWARE AW2521HF

DELLゲーミングモニターAW2521HFDELLのゲーミングモニター「ALIENWARE AW2521HF」のメリットは、液晶パネルが色ずれが少なく発色に優れたIPS方式、明るい輝度400cd/m2が採用されている点で、デメリットはスピーカー非搭載な点ですが、ヘッドセットでの利用を想定していて240Hzのゲーミングモニターを探しているなら検討候補に入れるのをおすすめします。

メーカーDELL
モデルALIENWARE AW2521HF
サイズ24.5インチ
解像度1920×1080
パネル種類IPS
リフレッシュレート240Hz
応答速度1ms(GtoG)
輝度400cd/m2
入力端子HDMI2.0x2
DisplayPortx1
価格(最安値)37,933円

DELLゲーミングモニターAW2521HFLAW2521HFはダークサイドオブザムーンカラーという名の黒色で、カラーバリエーションとしてルナライトカラーという背面が白色のモデルAW2521HFLも発売されています。

144Hz 27インチ

144Hz 27インチのおすすめのゲーミングモニターはBenQが2021年7月に発売したばかりの「MOBIUZ EX2710S」ですが、モデルがほぼ同じ2020年9月発売の下位モデル「MOBIUZ EX2710」があるので購入の際はお気をつけください。モデル名の末尾に「S」がついているのが最新モデルで、下位モデル「EX2710」はリフレッシュレート144Hzですが、最新モデル「EX2710S」はリフレッシュレートが165Hzにグレードアップされています

MOBIUZ EX2710S

BenQゲーミングモニターEX2710SBenQのゲーミングモニター「MOBIUZ EX2710S」のメリットは、液晶パネルがIPS方式のため色ずれが少なく発色に優れており、HDR対応で従来より広い明るさの幅が表現可能で、輝度が400cd/m2と高いため画面が明るくはっきりとした映像を見ることができる点と、スピーカー搭載なのでヘッドセットなしでも音声を楽しむことが可能です。2020年9月に発売されたリフレッシュレート144Hzの「EX2710」の上位モデルで、165Hzを実現した新機種となり、デメリットはハイスペックなため最安値でも34,720円と値段が高い点です。

メーカーBenQ
モデルMOBIUZ EX2710S
サイズ27インチ
解像度1920×1080
パネル種類IPS
リフレッシュレート165Hz
応答速度2ms(GtoG),1ms(MPRT)
輝度400cd/m2
HDR方式HDR10
スピーカー搭載
入力端子HDMI2.0x2
DisplayPortx1
価格(最安値)34,720円

144Hz 24インチ

144Hz 24インチのおすすめのゲーミングモニターはBenQが2021年7月に発売したばかりの「MOBIUZ EX2510S」ですが、モデルがほぼ同じ2020年9月発売の下位モデル「MOBIUZ EX2510」があるので購入の際はお気をつけください。モデル名の末尾に「S」がついているのが最新モデルで、下位モデル「EX2510」はリフレッシュレート144Hzですが、最新モデル「EX2510S」はリフレッシュレートが165Hzにグレードアップされています

MOBIUZ EX2510S

BenQゲーミングモニターEX2510SBenQのゲーミングモニター「MOBIUZ EX2510S」のメリットは、液晶パネルがIPS方式のため色ずれが少なく発色に優れており、HDR対応で従来より広い明るさの幅が表現可能で、輝度が400cd/m2と高いため画面が明るくはっきりとした映像を見ることができる点と、スピーカー搭載なのでヘッドセットなしでも音声を楽しむことが可能です。2020年9月に発売されたリフレッシュレート144Hzの「EX2510」の上位モデルで、165Hzを実現した新機種となり、デメリットはハイスペックなため最安値でも32,800円と値段が高い点です。

メーカーBenQ
モデルMOBIUZ EX2510S
サイズ24.5インチ
解像度‎1920×1080
パネル種類IPS
リフレッシュレート165Hz
応答速度2ms(GtoG),1ms(MPRT)
輝度400cd/m2
HDR方式HDR10
スピーカー搭載
入力端子HDMI2.0x2
DisplayPortx1
価格(最安値)32,800円
BenQ MOBIUZシリーズ
性能EX2510EX2510SEX2710EX2710S
サイズ24.5
インチ
24.5
インチ
27
インチ
27
インチ
リフレッシュレート144Hz165Hz144Hz165Hz
価格
(最安値)
29,520円32,800円32,800円34,720円
発売日2020年9月2021年7月2020年9月2021年7月

HDMIバージョン

HDMIバージョンは2021年8月現在で使用されているバージョンが3つあり、144Hzのモニターを使用する際はHDMIバージョンを気にしなくていいですが、240Hzのモニターを利用する際は必ずHDMI2.0(プレミアムハイスピード)かHDMI2.1(ウルトラハイスピード)のHDMIケーブルを使用してください。HDMI1.4(ハイスピード)のケーブルで接続すると240Hzでプレイできません

HDMIバージョンHDMI1.4HDMI2.0HDMI2.1
帯域幅10.2Gbps18Gbps48Gbps
対応リフレッシュレートフルHD/144Hz
WQHD/75Hz
4K/30Hz
フルHD/240Hz
WQHD/144Hz
4K/60Hz
5K/30Hz
フルHD/240Hz
WQHD/240Hz
4K/240Hz
5K/120Hz
対応ケーブルハイスピードプレミアムハイスピードウルトラハイスピード

DisplayPort(ディスプレイポート)

ディスプレイポート2.0DisplayPort(ディスプレイポート)とはPCとモニター・ディスプレイを接続するインタフェース規格で「D-sub」「DVI」「HDMI」の次に開発され、高解像度での利用を視野に入れて策定されておりビジネス用PCではDisplayPort接続が主流です。240Hz以上の高リフレッシュレートを実現させるゲーミングモニターでは、一部機種ではDisplayPort接続でなければ最高リフレッシュレートを発揮せず、HDMI接続ではスペックダウンしてしまうので注意が必要です。多く普及しているバージョンはDisplayPort1.4で、最新バージョンは2019年に発表されたDisplayPort2.0です。
ディスプレイポート

ニンテンドースイッチ

スイッチニンテンドースイッチは大人気ゲーム『スーパーマリオ』『ゼルダの伝説』『ポケットモンスター』『モンスターハンター』『スプラトゥーン』シリーズを遊ぶことが可能で、2021年12月27日(月)19時から3時間SPとしてテレビ朝日で放送された『テレビゲーム総選挙』でランキングTOP10のうち1位・4位・5位・7位でスイッチのゲームが選ばれた

【テレビゲーム総選挙ランキング】やらせ疑惑の順位まとめ1位はゼルダの伝説ブレスオブザワイルド
テレビゲーム総選挙ランキング テレビゲーム総選挙ランキング順位結果まとめ一覧です。テレビゲーム総選挙は2021年12月27日(月)に放送されたテレビ番組で、あなたが一番好きなテレビゲームは何ですかと日本全国5万人にアンケート調査を実施して...
【スイッチソフトおすすめランキング】テレビゲーム総選挙1位ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編2023年発売
スイッチソフトおすすめランキング 2021年12月27日(月)19時から3時間SPとしてテレビ朝日で放送された『テレビゲーム総選挙』でランクインしたソフトをスイッチソフトおすすめランキングとしてまとめました。日本人が好きなテレビゲームソフ...
【ゲームセンターCX有野の挑戦ソフト一覧】GCCX挑戦ゲームソフトアーカイブス一覧DVD全巻まとめ
ゲームセンターCX有野の挑戦 『有野の挑戦』とはフジテレビONEで放送されているゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』のメイン企画で、よゐこの有野晋哉がレトロゲームに挑戦し番組スタッフ達と協力しながらエンディング画面を目指すコーナー。...
ゲームセンターCX DVD-BOX全巻内容一覧 有野の挑戦ソフトDVD特典動画まとめ
ゲームセンターCX DVD-BOX全巻内容一覧 ゲームセンターCX DVD-BOX全巻内容一覧は以下で、それぞれDVD-BOXだけの特典動画としてテレビ未放送となる有野の挑戦が収録されており、封入特典として特製有野名刺が封入されている。D...
芸能人ゲーム実況ユーチューバーPS5/PS4オンラインIDまとめ一覧デットバイデイライトマッチング確認
芸能人ゲーム実況ユーチューバーPS5/PS4オンラインIDまとめ デットバイデイライト(Dead by Daylight)が芸能人ゲーム実況ユーチューバーに大人気で今多くのタレントがデットバイデイライト、通称ディービーディー(DBD)のゲ...
【レトロゲーム機ミニおすすめ一覧】ファミコン・スーファミ・プレステ・メガドライブ・PCエンジンでゲーム実況配信
レトロゲーム機ミニおすすめ一覧 レトロゲーム機ミニおすすめ一覧で、これまでにファミコン・スーファミ・プレステ・メガドライブ・PCエンジンの家庭用ゲーム機の復刻版が発売されており、映像出力用にHDMI端子が搭載されているので、テレビ画面でプ...
【ミニファミコン(ジャンプ)収録ゲームソフト一覧】ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
ミニファミコン ミニファミコンことニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータは、任天堂が発売していた家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータの復刻版として2016年11月10日に発売された据置型ゲーム機で、本体サイズはオリジナルの60...
【ミニスーファミ収録ゲームソフト一覧】ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンでゲーム実況配信
ミニスーファミ ミニスーファミことニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンは、任天堂が発売していた家庭用ゲーム機スーパーファミコンの復刻版として2017年10月5日に発売された復刻系据置型ゲーム機で、全世界528万台の販売台数を記録...
【プレステミニ収録ソフト一覧】プレイステーションクラシックはゲームソフト20タイトルHDMIでゲーム実況配信可能
プレステミニ プレステミニことプレイステーション クラシックは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売していた家庭用ゲーム機PlayStationの復刻版として2018年12月3日に世界同時発売された復刻系据置型ゲーム機。 プ...
【DbDキラー元ネタまとめ一覧】映画モデル多数ドクターは実在人物で最新キラーアーティストはDBDオリジナル
トラッパーの元ネタ トラッパーの元ネタとなるモデルは1980年に第1作が公開され、これまでに10作品制作されている映画『13日の金曜日』(FRIDAY THE 13TH)に登場する殺人鬼ジェイソン・ボーヒーズ(Jason Voorhees...
【ラストオブアス2】キャラモデルまとめ一覧アビーはフェイスモデル以外にボディモデルもいる
ラストオブアス2キャラクターモデルまとめ一覧 ラストオブアス2(The Last of Us Part II)には個性的で魅力的なキャラクターが多数登場しますが、ゲームクリア時のエンドロールにキャラクターモデルの一覧クレジットがあったので...
タイトルとURLをコピーしました